ニキビを予防する方法

ニキビの予防方法

ニキビは主に皮脂の過剰分泌やストレスなどから発生してしまう顔の肌トラブルですが、顔のにおいの原因にもなっていることがあります。ニキビを予防することによって、顔のにおいを防ぐこともできます。
MENU

ニキビを予防する方法

ニキビを予防する方法

 

ニキビは、顔を中心にできる肌トラブルの一つです。

 

ニキビができる原因には、成長ホルモンの影響や、ストレス、不規則な生活、睡眠不足、ダイエット、加工食品の取りすぎ、間違ったスキンケアなどが挙げられます。

 

思春期においては成長ホルモンの影響でできやすいですが、大人になるにつれ、ストレスが要因となりストレスによって皮脂の分泌が盛んになってしまうためできてしまいます。

 

 

ニキビを予防する方法としては、保湿をすることを意識します。

 

まず洗顔は朝起きてからと夜寝る前の2回行います。

 

体を動かして過度に汗をかいた場合は汗を流す程度にしておきます。

 

毛穴に汚れが詰まらないことが大切ですが、ごしごしと洗ってしまうと皮膚が傷付いてしまうので、やさしく洗うことが大切です。

 

なお、女性の場合、メイクを落とすためにクレンジングでしっかりと洗いますが、この時ニキビができていたらオイル系のものは控えた方が良いです。

 

ニキビは皮脂の分泌が過剰に起きているので、オイル系のものをつけてしまうと逆にニキビができやすくなってしまい、ニキビができている場合は、悪化させてしまうこともあります。

 

オイル系でないもので洗うようにします。洗った後は、保湿を行います。

 

皮膚は、水分が不足してしまうと肌を守ろうと皮脂を分泌させます。
乾燥を防ぐためにも保湿成分が入っているものを使用するようにします。

 

ビタミンC誘導体が含まれているものは、皮脂の分泌を抑える働きがあります。

 

関連ページ

赤ニキビの特徴とケアのしかたについて
ニキビには主に2つの種類があり、赤ニキビと黒ニキビがあります。どちらも原因は同じですが、ケアのしかたが違うので、ここでは効果的な赤ニキビのケアをご紹介します。
黒ニキビの特徴とケアのしかたについて
ニキビ代表的な種類である赤ニキビと黒ニキビのケア方法についてご紹介します。ここでは黒ニキビについての特徴とケアを見ていきましょう。
ニキビ跡できてしまう原因
ニキビ跡はなぜできてしまうのか?できてしまったらどうすればいいのか?基本的なニキビ跡についての情報から気をつけたいことを学んで、ニキビ跡に対処しましょう。
ニキビ跡の種類とケアについて
ニキビ跡はできてしまうとやっかいですが、ケアのしかたである程度自分で修復することができます。まずはニキビ跡の種類とそのケア方法をしっておきましょう。
このページの先頭へ