黒ニキビの特徴とケアのしかたについて

黒ニキビのケアについて

ニキビ代表的な種類である赤ニキビと黒ニキビのケア方法についてご紹介します。ここでは黒ニキビについての特徴とケアを見ていきましょう。
MENU

黒ニキビの特徴とケアのしかたについて

 

 

現在、黒ニキビに悩んでいる方は少なくないはずです。
そこで、特徴とケアについて具体的に見ていきます。

 

黒ニキビは白ニキビが進行してしまうことでなるニキビになります。
白ニキビは過剰な皮脂分泌や古い角質が毛穴に詰まってしまうことで発症し、
その状態が続いてしまうとメラニンが発生して、酸化してしまうことで黒ニキビになってしまいます。

 

 

黒ニキビのケアも毛穴の詰まりを発生しないようにすることが大事になります。
具体的なケア方法は肌の保湿に気を付けることを挙げることができます。

 

皮脂の分泌量が過剰になってしまったり、古い角質が詰まってしまうのは、
肌のバリア機能が低下してしまうからです。

 

したがって、バリア機能を高めるために化粧水や乳液で対策を講じることをおすすめします。

 

注意点は乳液に含まれている油になります。

 

通常は油が含まれていていいのですが、ニキビには油が逆効果になってしまうことがあるので、
オイルフリーやノンコメドジェニックの乳液を選ぶことが求められます。

 

他にはピーリング洗顔を行うのも良いケア方法です。

 

ピーリング洗顔に対して悪いイメージを持っている方が結構いるようですが、
正しい方法で行えば大丈夫なので安心してください。

 

 

黒ニキビになってしまった場合はすぐに対処することが大事です。

 

ニキビ跡が残ってしまうなど問題が深刻になってしまうことがあるので、
そのまま何もせずに放置するのはナンセンスだと言わざるを得ません。

 

 

関連ページ

ニキビを予防する方法
ニキビは主に皮脂の過剰分泌やストレスなどから発生してしまう顔の肌トラブルですが、顔のにおいの原因にもなっていることがあります。ニキビを予防することによって、顔のにおいを防ぐこともできます。
赤ニキビの特徴とケアのしかたについて
ニキビには主に2つの種類があり、赤ニキビと黒ニキビがあります。どちらも原因は同じですが、ケアのしかたが違うので、ここでは効果的な赤ニキビのケアをご紹介します。
ニキビ跡できてしまう原因
ニキビ跡はなぜできてしまうのか?できてしまったらどうすればいいのか?基本的なニキビ跡についての情報から気をつけたいことを学んで、ニキビ跡に対処しましょう。
ニキビ跡の種類とケアについて
ニキビ跡はできてしまうとやっかいですが、ケアのしかたである程度自分で修復することができます。まずはニキビ跡の種類とそのケア方法をしっておきましょう。
このページの先頭へ